ミニ専門店キッズカンパニー
<< ボディの補強 | main | YさんのMK-技斗祐粟! >>
安全タンク取り付けとホイールのペイント

キッズカンパニー1300T号は4月30日のミニデイに向けてショールームから塗装工場に移して作業をしています。チューニングクラスの車両規定に合わせるべく安全タンクを取り付けます。主に耐久レースに参戦している為、選んだタンクの容量は12ガロン。なんと“45ℓ”です。注文する前に工場長ともサイズを確認してトランクルームにギリギリ収まるのは確信していたのですが、実際届いたタンクを置いて見たところやはり“でかい!”

ということで、トランクルームの加工をしました。タンクの底の大きさに合わせてスペアタイヤが収まる部分をカットします。

カットした部分はタンクの形状に合わせる為、型紙を作り、鉄板を金切りバサミでカットしていきます。

カットした鉄板を溶接していきタンクを載せるスペースが出来上がりました。

溶接した部分はアンダーコートを施し、不要になったオリジナルタンクの穴は埋めました。

以前スプリントレースで着けていた安全タンクは30ℓで今回搭載する45ℓとの大きさの違いは一目瞭然!

30リットルはトランクルーム内に置いてもスカスカで加工もせずにすんなり置けましたが、45リットルはかなり苦労して取り付けたことが比較してお判りいただけると思います。

お次はホイールのペイントです。今までは13インチMK-兇鰺かせていたのですが、こちらも車両規定に合わせるべく10インチに変更で、絶版品の“スペクトラム”を履かせることにしました。かなり軽量ホイールですので以前の重たいMK-兇犯羈咾靴謄丱猷爾軽くなることで、ラップタイムもアップすることが期待されます。

ツートンに塗り分ける為、遊びに来ていたお客様のKさんにリムとスポークの分解をお願いしましたが、一本あたり16本のビスを使っている為、16×4で64本のビスを抜くのにはかなりの手間が掛かったことでしょう。「ご苦労様でした」

タイヤを外し、下地を磨き、さてペイント!と言うところで色に悩みました。

当店の1300T号はワリとボディが地味目なペイントの為?ホイールくらいは派手に行こうかとも考えましたが、あまりにも派手だとボディとの調和が取れません。悩みに悩んだ結果、フロントガラスに張ってある黒と金を使いました。スポーク部を黒、リムは金です。

リムとスポークの組み込みの際には錆びていた鉄製ビスからステンレス製に変えました。

そして完成!“キッズカンパニー・オリジナル・スペクトラム”
「やっぱり地味かな〜?」



| kidscompany | レース | 19:53 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:53 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ