ミニ専門店キッズカンパニー
完成!WさんのMK-技斗
本年最終営業日の本日、WさんのMK-技斗佑完成。着工から1ヵ月半、ようやく待ちに待った納車となりました。今回Wさんのミニはオールペイントを初め、外装MK-技斗諭▲┘鵐献鵐ーバーホール、内装の総張替えと大幅なモディファイを施した為“新車に乗り換えた気分”と言っても過言ではないでしょう。
フロントはセブングリルにてMK-飢修靴泙靴拭

丸っこいミニのリアビューはMK-汽董璽襪嚢垢亡櫃辰海。

以前は6Jレボリューションアルミに6Jオバフェンでワイド&ローだった組み合わせは
今回5,5JクーパーSタイプアルミと5Jオバフェンに変更され“レーシーさ”は残しつつもクラシカルなイメージを引き立たせます。

インパネはセンターメーターに変更され、スピードメーター横に時計を配置し油圧計はウッドパネル内に隠して設置しました。

フルオーダーでWさんがデザインしたシート&トリム類は薄めのベージュ。天張りとバイザーも同色にて施工。ブラックのカーペットとマッチングも“グ〜”グッドです。

ドアトリムには小物入れも付けられています。

工場長によりオーバーホールされたエンジン及びミッションは信頼性も抜群。鮮やかなレッドにペイントされ最後にエンジンルーム内に鎮座しました。

「う〜ん見るたびに“にやけ”ちゃいますよ!」とWさん。楽しいそんなWさんを見る私も“にやけ”ちゃいます。楽しい

新しく生まれ変わったミニで良い新年をお迎えください。

| kidscompany | WさんのMK-技斗 | 16:59 | - | - |
エンジン組み立て
工場長がWさんのエンジンを急ピッチで組み上げています。深みのあるレッドでペイントされたエンジンは補記類が付いて隠れてしまうのが勿体無いくらい綺麗に仕上がっています。

私の方は内外装も細かいパーツの取り付けを残すのみ。以前リアシェルフに付いていた埋め込みタイプのスピーカーは木枠を作りリアシート下に設置しました。

エンジンが載りクーパーSタイプのアルミホイールが付けば完成。納車は間近です。

あっ!フロントのエンブレムはどうするんでしたっけ?
| kidscompany | WさんのMK-技斗 | 18:24 | - | - |
内装を仕上げます。
Wさんがオーダーした内装一式がトップレディさんから仕上がってきました。天張りも含め薄いベージュのレザーで統一。さすが“職人技”綺麗な仕上がりに脱帽です。

天井を張らない事にはガラス類が付けられない為まずは天張りから。フロント窓枠のセンターに合わせセメダインで接着後ウェザーストリップとガラスを装着。余った天張りをカットした後、雨漏りしないようシーリングしウインドウモールを挟み入れれば完全に圧着されます。

フロントが固定されればリア、サイドと天張りを引っ張りながらの作業でようやく完成。

本日はセンターメーターの組み立てと仮止めを終わらせたところで終了。

明日はカーペットを敷きトリム類、シートも取り付ける予定です。
| kidscompany | WさんのMK-技斗 | 18:52 | - | - |
各パーツの取り付け
WさんのMK-技斗佑魯椒妊の磨きも終え、各パーツの取り付けをしています。MK-汽董璽襪肇薀ぅ札鵐好薀鵐廚良佞い織螢▲咼紂次“オースチン”“モーリス”に拘ることなく“mini Cooper”のエンブレムが付きます。

フロントのエンブレムはWさんが現在思案中の為取り付けていませんがグリルは“オースチンセブン”のものになる予定です。

ラジアスアームカバーと5Jオーバーフェンダーもペイントを終え、取り付けのみ。
後はトップレディさんの内装一式を待ちます。
| kidscompany | WさんのMK-技斗 | 16:40 | - | - |
ルーフのペイント
夕方からルーフ下をマスキング下のちルーフのペイント開始、1時間ほどで作業が終わりました。

以降の作業は充分に乾いた後、#1500〜#2000の耐水ペーパーで塗装面を水研ぎしバフ掛けで光沢を出していきます。寒い時期には辛い作業です。
| kidscompany | WさんのMK-技斗 | 19:12 | - | - |
ボディのペイント
水曜日はドア二枚、ボンネット、トランクのペイントが終わりました。

着工前Wさんは“サーフブルー”っぽい色を希望されていたようですが、実際に色を決める段階でどちらかと言うと“アイランドブルー”に近い色に決定。渋い良い色です。
木曜日はボディの下地磨き。

更にエンジンルーム内のペイントを施しました。ハーネスやホース類は付けたままだった為、刷毛塗りの地道な作業です。

本日はルーフ下のペイント。

ルーフも同色ですが同時塗装ではミストが付き易いので明日、ルーフ下をマスキングした後ペイントの予定です。
| kidscompany | WさんのMK-技斗 | 17:47 | - | - |
下地作り
Wさんのミニはパテを#120のサンドペーパーで平面は平板を当て曲面は手のひらの感覚で削っては再度盛り直しの作業を数度繰り返しました。だんだんと気温も下がりパテも多少乾きにくくなりつつあるのかな?

パテを削る作業が終わりサフェーサーを吹き付けますが、パテ痩せの分も計算し日を空けて二度塗りしています。

明日は天候にもよりますがサフェーサーと共に下地磨きをし、各パーツごとの本塗りが目標です。(多分下地磨きで終わりそう?)

| kidscompany | WさんのMK-技斗 | 18:33 | - | - |
MK-汽董璽覯湛
Wさんのミニは各パーツを外し終え、板金作業に入りました。

MK-技斗佑砲垢覦戞■唯-汽董璽襯▲瀬廛拭爾鰺論椶砲銅茲衂佞韻泙后e採錣乏遒調莨罎僕論椶垢觧により次の段階のパテ作業は少量のパテで済ませ(後のパテのヒビ割れの可能性が低い)さらに成型も楽になる為、重要な作業です。

ボンネットのアップモールが付く耳はスポット溶接がされているポイントを削り剥がしていきパテ盛り。

オーバーフェンダーの不要な穴や、左ハンドル用のワイパー穴、ラジオアンテナの穴等も溶接で埋めパテを盛ります。




| kidscompany | WさんのMK-技斗 | 18:32 | - | - |
WさんのMK-技斗佑鮴什遒貌ります。
東大和市Wさんから御依頼いただき、MK-技斗佑鯊い辰討います。

今回はボディのMK-飢修鰐渭世了、インテリア、エンジン、足回りとモディファイ箇所が多い為、多少時間が掛かるかと思いますが丁寧に仕上げていきたいと思います。

まずはボディのオールペイントにあたりオーバーフェンダーのサイズ決めから。

現行の6JレボリューションアルミからクーパーSタイプの5・5Jアルミに変更する為オーバーフェンダーも6Jから5・5Jにサイズダウンさせます。オフセットの関係もありますが如何にレボリューションアルミが外側にオフセットされているのが見て取れます。

工場長は既にエンジンオーバーホールに入りましたが、私はボディのパーツ取り外しを始めたところです。

| kidscompany | WさんのMK-技斗 | 15:56 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ